自室に置いておく風鈴

富山県でつくられている「TANPOPO」という名前の風鈴。
真鍮でできているこちらは、軒下につるすのではなくて置き型タイプです。
マンションなどの修道住宅では、気軽に風鈴をつるすことも難しくなっている昨今。
自分お家の部屋に置いておけば人に迷惑をかけることなく、音による涼をえることができます。
TANPOPOという名前は、見た目ですぐにわかります。
普通に考える風鈴の部分は下になり、カップみたいな形をしています。
そしてそこから延びる一本の棒の先は白いふわふわしたものがついています。
見た目がすでにタンポポなんですね。
首をふっている扇風機の近くにおけばイイ感じです。
でもこれって、猫がいるお宅だったらタンポポが攻撃されてしまいそうですよ。(笑)