文科省通知

文科省が通知した性的マイノリティーの小中高生への配慮というのは遅すぎるくらいのことだと思います。
性同一性障害だってかなり前から一般的にも知られてきていました。
性的マイノリティーって言葉はあまり好きではありませんけど、いろんな人がいるという意味ではみんなが平等でいる必要があります。
自分で水着や制服が選べるというのもあるそうです。
制服はどうかと思うけど水着は必要ですね。
男子も女子みたいな水着に全員するとかがよくないですか?
だって男子で女子のような水着を着たいと主張することが許されても、あきらかに男子と違う水着を着る勇気が必要になってしまいます。
そしてデリケートな問題なのに親しくない人にまで奇異な目で見られてしまうことになります。
配慮を通知だけではまだまか不十分なところがありそうです。