『ハムケツ』

『ハムケツ』ってなにかご存知でしょうか?
これは、ハムスターのお尻のことです。
そのまんまですね。(笑)
私はインターネットのTwitterで出まわっていたので、可愛いなぁと思っていましたよ。
手乗りハムケツ、はまりハムケツなどたくさんの画像や動画があふれています。
たった一週間で写真集は1万部も売れているそうです。
説明がいらない、文句なしのかわいい写真集です。
大ヒットの写真集ですが、撮影はとても大変とのこと。
小さくてすばしっこいのでなかなかうまく取れません。
コツとしては暗いところにもぐるというのと、エサでつってじっとさせるということ。
ふんばっている足も可愛い!ので、ふんばるような場所に置くといいそうです。
プレゼントされたら嬉しい写真集ですね!

騒ぐ患者に医師は慣れてるんですね。

よく、痛みに強いと言われるんですけど、
実はそんなことないんですよね、痛いものは痛いです。

出産後、会陰切開の甲斐なく直腸まで切れてしまった時の事です。
48時間近く眠ってなかったので出産直後に身体を休ませるために
点滴で麻酔を入れて朦朧となっている中、医師の処置が続いていたんです。
最初のうちは何とも感じなかったんですけど、傷口が広いから
縫い合わせるのにも時間がかかったんでしょうね、
どんどんその処置が痛くなってくるんです。
グッと耐えていたんですけどね。そうしたら処置をしていた医師が
「あなたは痛みに強いねえ。」
とおっしゃいました。
強いわけじゃないんですよ、痛いんですから。
ただ、医師のその言葉が「我慢しなくっていいよ。」って言っているような
気がしたんです。実際はそうじゃなかったんでしょうけど、麻酔で
朦朧としているんでそう思っちゃったんでしょうね。

その後はうわごとの様に「痛い~、痛い~。」と呟いてました。
今思えば急にうるさくなる迷惑な患者でしたね。
まあ、その医師はそういうのには慣れているらしく
「うんうん、麻酔が切れて来たのかな~。」とか呑気におっしゃってましたけど。

結局私の場合、痛みに強いんじゃなくて痛みを我慢して我慢して
何かの拍子にその痛みを我慢しなくていいんだよと言われると
爆発するタイプってだけの事だったみたいですね。

[PR]麻酔科医が志望動機を書くときに読むページ